フォトアルバム

もうひとつのブログに引っ越しました

2008年12月14日

ハーバーランドのキャンドルナイト

Img_1800  ハーバーランドへ行ったら、岸壁にたくさん人が集まっていました

http://candlenight-kobe.com/page/mos-index.html

ろうそくの灯を使った催しだそうです

いくつかのグループが、文字や絵を描いていました。

遠くから見るのもきれいですが、近くへ寄って見ると、暖かさが伝わってくるような気がします

.

.

Candlenight_012  この写真は、神戸観光壁紙写真集から拝借しました

コップに入ったろうそくの灯が、ゆらゆらときらめいて、波に揺れているようで、いい雰囲気でした

比較的暖かくて、忘年会帰りのグループも、一層盛り上がっていました

.

.

.

.

Img_1806  Img_1807_2

キャナルガーデンのツリーは、LEDの色が次々に変化するようになっています

高さ21.5m、約4万個のLEDで7色に輝く、と書いてありました

一番上では、ミラーボールが廻っています、しばし足を止めて見上げるって感じです

ガス燈通りのイルミネーションも、約8万個のイルミネーションで、19:00に一斉点灯するそうです

昨日は、間にあいませんでした

この他、ハーバーランド各所にクリスマスツリーが飾られています

今日は、スペースシアターで、子供のダンスチャンピオンシップが開催されるそうです

http://50900.jp/dance2008/index.html

.

.

.

Img_1810_2

2008年12月 6日

ルミナリエ2008

Img_1782

今年のテーマは、「光のインフィニート」

過去と未来を輝かせる無限の光が神戸に降り注ぐ意が込められているそうです。

ルミナリエを継続して開催するために、今年も募金への協力が呼びかけられていました

金曜日の9時を過ぎてから行きましたので人の波は、少なくなっており、迂回路も片づけられていました

急に寒くなって、やっとルミナリエの雰囲気です

.

.

Img_1786

光の中へ入ると、こんな感じです

中へ入ると案外、暖かいんですよ

ガレリアの写真は、奥行きがよくわからなかったので、今年は東遊園地のスパッリエーラだけにしておきます

今年は15日までです

東遊園地の西隣、真珠会館でも

7日まで神戸パールミュージアム

9日からは期間限定のショップ「真珠の物語が生まれる部屋」がオープンするそうです

.

Img_1789

これも毎年同じですが、市役所の上から

露出をオーバー目にして、人の様子を写してみました

消灯の10分前なので、残っている人は少ないですね

.

 これから、ルミナリエに行ってみようという人にお願いです

ルミナリエは、阪神大震災の犠牲者への鎮魂の思いから、開催されています。

この写真の左奥にある、慰霊と復興のモニュメントの地下、震災で犠牲になった方々の名前を刻んだプレートの前にも、立ってみてください

2008年12月 1日

熱海へ行きました

Img_1773 ホテルから見ると、海岸に大きなクリスマスツリーがありました

そばまで行ってみました結構きれいです

.

http://www.atami-sun.com/event/fuyu.htm

周りには、何にもないのですごく目立っています

高さ30メートルだそうです

.

.

.

.

.

.

.

.

.

Img_1769 お昼にもう一度、行ってみました

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

Img_1771 どっかで聞いたことのある名前みたいだけど

来年1月4日まで、点灯するようですね

2008年11月23日

京都三千院の紅葉

Img_1764  連休前の21日京都に行ってきました

曇り空のあと、雨にも遭いましたが、この写真の頃は、夕日に紅葉が映えてとてもきれいでした

まだ色づいていない木もありましたので、まだ楽しめそうです

寂光院と三千院の間を、のんびりと往復しましたが、ところどころ立ち止まってみたいところが、何箇所もありました

.

.

.

Img_1757

2008年11月17日

ボストン美術館浮世絵名品展

Img_1745  江戸東京博物館にて開催中の展覧会に行きました

ボストン美術館の浮世絵展は、前回2006年にも、「江戸の誘惑」と題して、肉筆画が紹介され感動しました

 今回は、肉筆画も5点、版下絵が12点出品されていますが、ほとんどが150年から200年前の浮世絵です

 おなじみの歌麿の美人画や、写楽の大首絵、北斎の風景画などが、保存状態がよいのでしょう、鮮やかな色彩で見ることができました

今月の30日までImg_1748_2

Img_1750_9  

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

今回浮世絵展だけで、半日掛かると思ったので、前日に常設展を閲覧しました

左は、企画展示「浅草今昔」展、右は、特集「錦絵にみる忠臣蔵」

浅草今昔展は、今日で終了

Img_1751_2 今年は浅草寺本堂の落慶 50 周年、浅草観光連盟の創立 60 周年ということで企画された展覧会だそうです

古墳時代の発掘品から、主に江戸時代の賑わいを示す資料を中心に、明治・大正・昭和の資料まで、4つの章に分けて展示していました

 錦絵にみる忠臣蔵は、歌舞伎の場面を切り取った錦絵が展示されています

歌舞伎の忠臣蔵をご存知の方は、面白いのではないでしょうか

展示替えをしながら3期に分けて紹介されるようです

現在の第2期は、11月24日まで、第3期は11月26日から12月21日まで

Img_1716 Img_1720

2008年11月 3日

関西のグラフィックデザイン展 

Img_1651  西宮の大谷記念美術館で開催中です 24日まで

1920~1940年代のポスターなどが展示されていました

当日は、学芸員の方の説明が聞けるということで、時間を合わせて参加しました

下村さんの解説は、この展覧会に直接関わったからでしょうが、とても判りやすかったです。やや小ぶりの、図録も楽しいですね

戦時中の高島屋や、大丸のポスター、和服美人を描いた日本酒のポスターも、面白かったです。有名な赤玉ポートワインのポスターも、見ることができました

戦前のグリコのおまけは、貴重なコレクションと言うことでした

グリコピア神戸でも昔の、おまけが展示されていたと思いますが、あそこの展示はこんなに古いものはなかったように思います

2008年10月27日

箱根小涌谷へ行きました

Img_1629  紅葉の季節にはちょっと早かったですね

写真は、箱根登山鉄道の小涌谷駅

始発駅の箱根湯本駅からここまで、3度のスイッチバックを経て約30分

標高は535mだそうです

日曜日のお昼過ぎでしたので、電車は満員

芦ノ湖へは、この後登山電車で強羅へ

そこからさらに、ケーブルカーとロープウェイを使うそうです

.

.

Img_1624  新幹線は小田原で乗り換え

こんなにきれいな駅とは想像していませんでした

神戸から小田原は、少々連絡悪いですね

東京へ行くよりも随分と時間が、掛かってしまいました

2008年10月12日

第6回神戸建築物語~神戸の中世寺社建築~

Img_1601  神戸市西区伊川谷にある、太山寺三重塔です

北野の異人館や居留地の商館建築などを訪ねてきた、神戸建築物語の6回目は、中世寺社建築がテーマです

お寺と神社の建物は、確かに違うけれども、どんなところがって言われても、良く判りません

まして、中世がって言われても?って感じでした

神戸市営地下鉄「西神中央」駅近くにある、神戸市埋蔵文化財センターに、10時前に集合

ここの研修室で、渡辺伸行センター所長と、山之内誠神戸芸術工科大学准教授の講演を2時間ほど聴きます

短い時間でしたが、素人相手に良くわかるお話をしていただきました

参加者は100人ぐらい、皆さん熱心に講演に耳を傾けておられました

会場の埋蔵文化財センターには、古墳から出土した土器などが展示されていました

銅鐸の復原模型もあって、鳴らすこともできました

お昼は、それぞれにお弁当持参

Img_1574

Img_1576_2 

Img_1581

午後の最初は、西区櫨谷の如意寺

西神中央から観光バスに乗って10分ぐらい

稲刈りの終わった、田んぼの間をさらに10分ぐらい歩いて到着(途中に仁王門)

ご住職のお話を聞くことができました

文殊堂(室町中期)、阿弥陀堂(鎌倉前期)、三重塔(南北朝時代)を見学

午前中の講演では、山之内氏から図面も使った説明を受けていたので、現物を見て納得

寺社建築の屋根の反りについての解説が、私にとっては、本日最大の収穫

この後、最初の写真の太山寺に移動

仁王門の前で少々解説、元は二層の門でしたが、移築の際に上層部を撤去したそうです

羅漢堂と釈迦堂は特別に内部も見学できました

本堂、阿弥陀堂を見学。 紅葉の時期はさらに映えることでしょう

さらにバスに乗って、住吉神社に移動 ちょうど秋の祭で、神輿が出ていました

Img_1588

Img_1611

Img_1615

最後は、端谷城跡

ちょっと上り坂がきつかったですが、良い運動になりました

以上で終了 午後5時

秋らしい1日を楽しむことができました

スタッフの皆さんご苦労様でした

ありがとうございました

2008年9月28日

小学校の運動会

Img_1568  私が卒業した小学校の運動会です

80周年と言うのは知りませんでした

生徒数の減少から、来年の3月に近隣の4校が統合されるというので、学校が開放される運動会に行ってみました。

校舎は建て替えられていないので、私たちが通ったころと、教室の配置は変わっていないようでした。

私達のころは、各学年5クラスあったと思うのですが、現在は全部で7クラスしかないそうで、空き教室がいっぱいありました

狭い運動場は、家族の方々でいっぱいになっていたので、校舎の中を歩いただけになってしまいました

Img_1562 Img_1564

教室や廊下・階段はあのころのイメージと変わっていません

上履きの必要のない、油引きをした廊下の匂いが懐かしかったです

階段の中央には、白線が書かれていて、右側通行をくどく注意されましたが、今でも同じなんでしょうか?

手摺に腰をかけて滑ってみましたが、割とうまくいきましたよ

Img_1561  最後に講堂を覗いてみました

ここは、大変綺麗になっていました

私達のころには、舞台の奥に、戦前の名残りがあったのですが、確認はできませんでした

2008年9月23日

平城京大極殿復原整備特別公開

Img_1559  工事の進捗状況に合わせて、年に1回程度、春または秋に公開されている見学会の、第7回目です

以前私の行った時は、まだ下層のみの公開でしたが、今回は最上部の足場から、この写真のような姿を見る事ができるというので、行ってきました

近鉄大和西大寺駅から、会場までは歩いて20分ぐらいでしょうか、駅からすぐに、建物を覆う素屋根は見えるのですが、結構遠い

大和西大寺側から歩くと、平城宮跡資料館が手前にあります

ここは、帰りに寄ることにして、大極殿を目指します

途中には、発掘調査中のテントをかぶせたところもありました

.

Img_1506  やっと会場の入り口に到着しました

入り口でパンフレットを貰い入場

今日は、平城宮跡周辺を廻るスタンプラリーも開催されていました

午前中は良いお天気で、少々汗ばむぐらいでした

工事中の素屋根の中は、木の香りがして、少しひんやりしていました

大極殿は間口44m、奥行き19.5m、高さ27m(基壇の高さ3.5mを含む)で、すでに完成公開されている朱雀門より大きいそうです

基壇の横の工事用階段を上って建物の中へ入ります

一層の天井には、彩色が施されておりとてもきれいです

Img_1521   いよいよ、足場の階段を上って、一層の屋根部分へ行きます

瓦もすでに乗っていてこの部分は、完成している様子

垂木の先端には装飾の金具が取り付けられていました

横においてあるのは、たぶん風鐸と言うと思うのですが、風鈴のように吊るようです

遺構展示館に展示されている、大極殿の模型を見るとよくわかりました

下の写真は、遺構展示館の模型より

.

Img_1539 Img_1546

Img_1530 また工事用の階段を上って、いよいよ上層の見学です 左右の鴟尾と中央金具が光っています

大極殿の設計図と言うのは伝わっていないので、発掘調査から推定される建物の規模や、古代建築として現存する法隆寺金堂や薬師寺東塔、古い絵巻物などを参考にして復原しようとしているそうです

一方、建物の耐震性を考慮して見えないところに補強をしたり、材料を軽量化したりと言う事も、しているそうです

前から疑問だったのですが、外観は2層に見えるのに、2階へ上がる階段がありません

説明では、2層目は飾りだけで実質的は利用はしないので、2層目上がる必要がないのだそうです

.

Img_1535  最初のパンフレット写真にある様に、建物のそばまで行って、見ることができます

足場から、間近に見られる見学会は、今回が最終回

参加者も心なしか、気合が入っている様子

私の周りでは、瓦の仕事をしている人のグループが、しきりに感心して話し合ったり、写真を撮ったりしていました

.

.

.

.

Img_1551

 

大極殿の見学中 正面に見える朱雀門が気になっていたので行ってみました

散歩コースという事でしたが途中東院庭園に寄ったりしたので、そこそこ時間掛かりました

正面に工事中の、大極殿が見えます

大極殿も2010年の平城遷都1300年祭で、公開されるようです

2008年9月15日

コロー 光と追憶の変奏曲

Img_1503  神戸市立博物館で開催中の、コロー展に行きました

先月まで国立西洋美術館で開催されていました、前は通ったけど神戸に来ることが判っていましたので、待っていました

左側は、「真珠の女」、右側は、「青い服の婦人」 どちらも代表作だそうです

本物を観るのは初めて しばらく、いすに座って見とれていました

今年のルミナリエは、12月4日から15日までですので、週末は両方観る事もできるようです すごい混雑だとは思うけど

.

Img_1489  最近多い、記念撮影コーナー

「モルトフォンテーヌの思い出」だそうです

60代後半にこれだけの画を描く気力があるなんて、すごいね

花摘む娘のモチーフは、他の画にも使われていました

まだ始まったばかりなので、会場は空いています

自分のペースで、鑑賞できるのはいいですね

2008年9月14日

南京町中秋節

Img_1498  

今日は、満月です

南京町での中秋節も11回目になるそうです。

今年は、13日から15日まで

お昼ごろから夜9時ごろまで、南京町広場で獅子舞や太極拳が披露されているそうです

土曜日には夜光龍も披露されていたようですが、見落としました

詳細は、南京町のホームページでご確認ください

中秋には「月餅」を食べるらしいのですが、今日はおなかが、いっぱいでしたので、買いませんでした

.

.

.

.

.

.

Img_1492  夕食を済ませてから、行ったので

今日最後の演目「南京町龍獅団による獅子舞」しか見ることができませんでした

廻りをたくさんのお客さんが囲んでいました

2008年9月 8日

ラグビートップリーグ開幕

Img_1472  9月6日の長居スタジアム開幕戦に、行きました

第1試合は、17時キックオフ

まだ、太陽が西にあって、バックスタンドでは、まぶしかったです

トップリーグに復帰した近鉄は、43対14で横河に快勝

応援の地元ファンも、大喜びでした

横河では、後半出てきたロコビャウ選手をもっと見たかったです

.

Img_1476nec  第2試合は、19時キックオフ

ナイターらしくなってきました

キックオフ早々、スクラムで反則を繰り返す神鋼が押され気味

特に前半終了前には、反則で二人減って13人になり、ゴール前で釘付けになるピンチ

ここを何とか無失点でしのぎ、前半は0対0

このプレーが、絶対後半に生かされるだろうという、必死のタックルの連続でした

ここで大畑選手のトライを写そうとするカメラマンが、サイドを移動

(ゲーム途中の選手交代で、大畑選手が、ポジションを変えると、彼らも移動していました)

Img_1486nec_2

 松原選手、大畑選手のインターセプトによる2つのゴールと、デルポート選手の2本のペナルティキック(2本目は、ハーフウエイラインからのキックでした)で、NECを振り切り勝利しました。happy01

この調子で、関西のチームにがんばって欲しいですね

新ルールのうち、スクラムのオフサイドラインの変更は、タックルポイントが変わるために、ナンバー8のスピードが重要になるような、気がしました

2008年8月17日

北京オリンピック女子マラソン

Img_1455_3  野口みずき選手の所属するシスメックス(株)は神戸に有る企業ですので、今回市立中央体育館で、マラソン中継のパブリックビューイングが行われました

中央体育館の入り口は、ガラス張りなので、向かいにある文化ホールの壁面が映っています

野口選手は、出場しませんでしたが応援グッズが配布され、中継がコマーシャルに切り替わると、応援タイムになりました

Img_1461_3   チアリーダーに合わせて応援をしますが、若干盛り上がりには欠けたようで、選手にも届いていなかったみたいです

2008年8月15日

冒険王・横尾忠則

Img_1452  兵庫県立美術館で行われている横尾忠則展へ行ってきました

西脇生まれで神戸新聞に籍を置いたこともあるんですね

7月中に行くつもりでしたが、今月になってしまいました

夏休みということも有るのか、子供が多かったです

私にとってはグラフィックデザインの印象の方が強いのですが、アンリ・ルソーの画を元にした作品は面白かったです

19日から22日には美術館内で、公開制作も行われるようです

.

.

1966 展覧会場出口で提供された画像です、メールに添付して送れるようになっていました

 館内のレストランでお昼をして(今日はとっても空いていました)、午後からは、常設展を観ました

1F会場は随分模様替えされており、展示作品も大幅に入れ替えられていました

次回は、シャガール展9月6日から10月15日

2008年8月11日

巨匠たちの日本美術

Img_1425  東京出張のついでに、上野の東京国立博物館へ行きました

会館前からすごい行列で、入るまでにどれだけ掛かるのか心配でしたが、案外スムーズに流れていて少し待てばゆっくりと観ることができました

入館前に、東京都立美術館の前を通ってきたのですが、あちらもフェルメールがすごい人気のようで長い行列ができていました

.

.

.

.

.

Img_1441_2

 図録も充実しています

表紙は、雪舟と雪村

私のお目当ては、若冲と蕭白でした

加納永徳と長谷川等伯

円空と木喰

池大雅と与謝蕪村

丸山応挙と長沢芦雪

喜多川歌麿と東洲斎写楽

どれもすばらしく時間が経つのを忘れてしまいます

一通り観てから、もう一度じっくり観ていると、もうお昼になっていました

.

.

.

.

Img_1428  お昼は、クリームコロッケ

レストランも満員で、15分以上待ってやっと、席に案内されました

食事のあと、今度は法隆寺宝物館へ  重文や国宝がいっぱいあって、疲れました

今度は本館

本館では今回、六波羅蜜寺の仏像が展示されていました。 薬師如来坐像や四天王立像など10点以上の仏像が並んでいました。

本館には日本美術の流れと題して、古墳時代から江戸時代までの日本美術が網羅されている部分と、刀剣や工芸が展示されていたり、近代美術も展示されており、ここだけでもじっくり見れば、1日では回りきれないぐらいの展示物がありました。

結局朝の9時半から夕方5時まで、1日楽しめました

東洋館は、時間がなくて今回はパスしました。

おまけ

機会を作って、今度はフェルメール展に来たいですね

西洋美術館で開催中のコロー展は、神戸市立博物館で観ることにします

Img_1407 Img_1438

2008年8月 3日

新開地夏まつり2008

Img_13802008  昨日新開地の近くまで行くとこんなポスターを見つけました

湊川公園から新開地商店街まで、各所で催しが行われるようです

子供さん向けの内容が多いようですが、フリーマーケットや縁日もあるそうなので、暑かったけれどちょっと、寄り道してみました

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

Img_13842008kavc  私の通りかかった2日のお昼にKAVC前では

春待ちファミリーバンドの演奏が聞こえていました

3日も、いろんなジャンルのバンド演奏のほか、マジック、紙芝居、落語なども披露されるようです

.

.

.

.

.

.Img_1385

 2日は、女性限定の「ザ・シンカイチツアー」も行われていたようで、ガスビルの紹介をしていました

ついて行きたかったけど、予定があったのでご紹介だけ

2008年7月27日

神戸歴史ウォーク2008

Img_1348  神戸学検定のプレ・イベントとして神戸の近代建築をめぐる6kmのウォークイベントです

.

.

.

.

.

.

Img_1346_2

集合は新神戸駅の南、生田川公園内の連翼亭前です

9時ごろに到着しましたがここに来るまでに、汗をいっぱいかきました。

新神戸駅から布引の滝方面へ上る入り口にある、砂子橋へ向かいます

.

.

.

.

.

.

Img_1355

第1チェックポイントは、生田川を下って国体道路を西進、二宮の商店街を少し下った二宮神社です。

途中要所で道案内の係りの方が誘導してくれます。暑い中ご苦労様です。

.

.

.

.

.

.Img_1364

東遊園地で田辺眞人先生のお話を聞いた後、さらに南へ下って、神戸税関へ、イベントに合わせて開館していただいていました。

私は、中へ入るのは初めてですが、

3代目の庁舎になるそうです

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

Img_1366 中庭から正面玄関を眺めました

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

Img_1369 2時間30分ぐらいで、ゴールのメリケンパークに到着

最後にもう一度田辺先生の話があって終わりました。

スタッフの皆さんご苦労様でした

海洋博物館に寄って帰りました

2008年7月25日

神戸市立博物館

Img_1336_3

Img_1338_2

「コレクションの精華」-つたえたい美と歴史-と題して、博物館所蔵のコレクションを紹介しています

国宝の銅鐸もあれば、南蛮美術、古地図もあるというバラエティあふれる展示が楽しめます

図録もとってもきれいです

次回は、コロー展です

9月13日から12月7日

現在、国立西洋美術館で開催中

Img_1340_4   

2008年7月19日

ブログ移転のお知らせ

こちらのブログは、下記のURLに移転いたしました。

http://7804.blog.eonet.jp/