フォトアルバム

もうひとつのブログに引っ越しました

« あまがさき運河ウォークに参加しました | メイン | 須磨水ぷくぷくサイダー »

2008年3月23日

第5回神戸建築物語

Vpvgughn_s 神戸の都市計画総局が行なう今回が5回目の催しです

 午前中は、旧三菱銀行神戸支店(現ファミリアホール)で神戸の建築と文学、神戸港と市街地の形成についての講演があり、午後からは元町6丁目から東へ、大丸前まで建物を眺めながら歩きました


O7jbba8f_s 旧第一銀行神戸支店
現在は、見えている側の壁だけが残り、内側は駐車場になっています
地下鉄海岸線のみなと元町駅の、西側出入り口にもなっています


Sfgslvgq_s 行程の途中みどりの泉では、スタヂオ・カタリストの松原永季氏の乙仲通についての解説もありました


Bkxklksn_s 海岸ビルヂング南側
現在はブティックや小物を扱うお店が入っています


S37kxohc_s 海岸ビルヂング北側の入口

神戸南京町へお越しの際は、南側へ少し歩いて散策してみることをお勧めします


Rba9voxe_s おまけ
旧神戸三越、震災前まではホテルシェレナ
跡地に建物が建つようです
工事期間は来年3月末までとなっています

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351311/14858081

第5回神戸建築物語を参照しているブログ:

コメント

むか〜し、何気に古いビルの名前を読み上げながらお散歩したことがありました。「ビルヂング」にも驚いたのですが「ビルデング」と言うのもありましたよ〜(^◇^m

 明治の建物を見つけるのは簡単ではないでしょうが、大正から戦前の建物なら、元町界隈を歩けばいくつも見つけることができるようですね。 外観だけでなく、玄関ロビーや階段の手摺にも、あっと思うような意匠があったりして、街歩きの楽しみです。ハードディスクが起動しなくなったので、予備のパソコンを出してきたのですが、写真編集ができないので、ブログの更新はお休みしています

コメントを投稿